循環する大地の仕組みにならった
炭素循環(たんじゅん)農法でつくる野菜

たんじゅんの畑は、風景もユニークです。

「炭素循環農法」って聞くと、何だか難しそうに聞こえますが、
私たちが目指しているのは、地球環境にも人にも優しい農業。

例えば、山の木々は農薬も肥料も使わないのに、元気に育っていませんか。

自然はちゃんと、生きるためのバランスを取り、仕組みを知っているのです。

そんな自然の叡智ともいえる仕組みを、畑にも応用したのが
炭素循環、まさしく”たんじゅん”農法

炭素循環農法は
自然がいのちを生かす仕組み

通常の慣行農業や有機栽培は栄養素となるチッソやリン等をそのまま畑に入れていきます。

炭素循環農法は、その栄養素を畑の中で、自然の仕組みのままに微生物さんたちに作ってもらう農法です。

そんなわけで、炭素循環農法の畑はとってもユニーク。

まずは、落ち葉やもみ殻、木材チップ、竹チップなどの炭素資材を土の上部10㎝ほどに漉き込みます。畑に元々住んでいる菌もありますが、キノコ菌などの糸状菌を少し入れることで、菌が炭素資材を分解し、それを餌に微生物たちが育っていき発酵を促していきます。

その微生物たちが排出した栄養素を、植物が吸収し野菜が育ってしまうというわけです。

人間と自然の共同創造で
発酵で豊かでふかふかの土壌をつくる

肥料を直接土壌に撒くと、何が困るのかというと土壌中の水が腐敗することが多いということ。

その水を植物が吸い上げるので、野菜の味が落ち、その腐敗した植物を虫が食べに寄ってくるのです。

本当に必要な水気以外は腐敗の原因になってしまいます。
かといって、自然環境はコントロールがききません。

“たんじゅん”では、水はけを良くするために畑に溝を掘ったりと、マルチをかけたりしています。

微生物たちが気持ち良く暮らせるための環境づくりそれは、人間がやるところ。

人間と自然の共同創造で野菜はすくすく元気に育っていくのです。